真贋や如何に!

  1. チューニングメーカー

以前チューニングメーカーのIMPUL(インパル)について書いたとき、
他にどんなチューニングメーカーがあるのかざっと調べてみました。

その時に、メルセデスベンツのチューナーとして
立派に市民権を得ているBRABUSについて知りました。
このブラバスもインパル同様に本来のメーカーの
エンブレムを押しのけてなお違和感なく堂々と鎮座します。

そんな覚えたてのチューナーを早速
町で見かけてしまうと何となく嬉しいものです。

白いブラバスコンプリートB11

これはブラバスのB11という車種ですが、
B11といっても何種類もあるようなので
そこまで調べるのは割愛!

さて、Goo-netで調べてみるとこの
ブラバスなる車は何台も見受けられます。
ただ、「ブラバス仕様」と「ブラバスコンプリート」、
同じブラバスといっても二種類あるようです。

そこでさらに調べてみると、ブラバス仕様というのは
勝手にブラバスっぽくチューニングしているだけで
いわば「なんちゃってブラバス」の模様。
正規のブラバスは「ブラバスコンプリート」だけとのこと。
正真正銘の本物ブラバスが欲しい人は
ブラバスコンプリートを選ぶのでしょう。

しかし、値段が全然違いますね、仕様とコンプリート…。

その後またブラバスに遭遇。

ブラバスにVクラスってあるのでしょうか

これはベンツのエンブレムが残っているので「仕様」でしょうか…。
いやそもそも仕様とコンプリートの区別を
どこで判断すれば良いのかよくわかってません。
ベンツのエンブレム、オーナメント、
マスコットの代わりにブラバスのBが座ってれば
それはコンプリートだろう、漠然とそう判断してます。

でも近づいてみると、

ブラバスV230のコンプリートカー…?

ブラバスのステッカーが本物感を演出…難しい!

車の買い替え前に、愛車の価値を把握しないと損します!

愛車の時価額も知らずに商談に入ると、相場より低い下取り価格に気づけず、交渉で損をすることもあります。数項目の入力でOK&メールやり取りもOKな日本一の一括査定で、自分の愛車の最高額を知ろう!

→ 日本最大の一括査定サイトへ 

コメント

    • 通りすがりの・・B
    • 2014年 10月 08日

    そもそもBRABUSにはリアウィンドウ左下の「ダイムラーメルセデス」のステッカーはありません。
    BRABUSコンプリートのステッカーも某オクで山ほど出回っていますし・・・。
    家のもリア、Bエンブレム前後、サイド、フルエアロ、ホイール、キャリパー、マフラー、
    ステアリングエンブレムとすべてBRABUSに変えてますが、
    所詮はルックです。
    本物は内装見なければわかりませんぞ~。
    レザーの内装までルックに仕上げてる人はまずいないと思います。

      • ultimative
      • 2014年 10月 09日

      コメントありがとうございます!

      >そもそもBRABUSにはリアウィンドウ左下の「ダイムラーメルセデス」のステッカーはありません。

      衝撃の事実をいただき感謝至極です…、全く知りませんでした。

      ブラバスその他チューナー車両を見かけたとき、
      この記事のようにHPを立ち上げた当初こそ
      コンプリートカーか否かのこだわりをもってウォッチングしていたのですが、
      もうコンプリートにそこまでこだわることもないのかなと思っていました。

      たとえばボンドカーズやオフィスKなどのブログで各チューナーの施工例を見ていると、
      ほぼ全てと言って良いほどいわゆる「仕様」ばかりです。
      しかも、仕様といっても本格的で、エアロだけでも結構なお値段!
      むしろ仕様のほうこそが本来の世界で、その中での濃淡を楽しむ感じなのかなと思っています。

      もちろんコンプリートカーにはコンプリートカーにしかない魅力があるのだとは思いますが、
      エンジンまでいじってしまうと某ヤナセの方が言うように、
      「その手の車両は一切受け付けておりません」となって楽しむ範疇を超えて高く付きそうです。

      しかし、エリートスポーツが近いのでぼんやりコンプリートかもと思って遭遇していた車両も、

      リア左下の見分け方を知ってしまった今となっては、やはり仕様でした。

      ということで、

      >本物は内装見なければわかりませんぞ~。
      >レザーの内装までルックに仕上げてる人はまずいないと思います。

      左下ステッカーがない車両を見かけたら、
      さりげなく内装を凝視させていただきます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。