Blog


自動車用レザーシリーズ第七弾は、

アウディのバルコナレザーです。

メルセデスベンツのカスタマイズ部門がデジーノでBMWがIndividualなら、アウディはエクスクルーシブとなっており、そのエクスクルーシブで展開されているレザーがバルコナレザーとなります。つくづくこの三社は何かと比較しやすい構図になっています。

バルコナレザーとは

バルコナレザーはデジーノレザーやIndividualのメリノレザーと違い、

銀面は全て細かく控えめなシボで統一されています。この点がとても興味深いです。

以前それぞれの記事でも言及しましたが、デジーノはスムーズなタイプの他にも

大ぶりなシボのラインナップも用意し、Individualもスムーズなタイプは「ファイングレイン」として設定する一方で、

このようにシボを強調したタイプも揃えています。

スムーズでしっとりとしたレザーには確かにとてもわかりやすい魅力がありますが、シボの強さを活かした表情豊かなしっとりレザーにも、得も言われぬ充足感があるものです。おそらく、アウディもバルコナかその他のエクスクルーシブでゆくゆくは大ぶりなシボのラインナップを追加してくるとは思います。

ただ、現状ではアウディは公式HP上でバルコナを敢えて”non-grained”と表現し、それがエレガントでラグジュアリーな質感に寄与するとしているので、新ラインナップが登場するのはまだ先の話かもしれません。

そして、バルコナは植物タンニン鞣しのノンクロムレザーかつセミアニリンレザーですが、たしかアウディとフォルクスワーゲンは通常のレザーもほとんどがノンクロムだったはずです。

一般的に、クロム鞣しのほうが柔らかくて耐久性も備えた質の良いレザーを安価で早く大量に生産できます。わざわざノンクロムを選ぶということは、グループ内でも台数が出るブランドゆえに、環境への配慮が行き届いているということなのでしょう。

もちろん、クロム鞣しだからといって環境に配慮していないということではなく、むしろ、先進諸国の名だたるタンナーであれば、どのような鞣しであろうと環境への配慮には万全を期しています。そもそも、そうでないと淘汰される時代です。

ところで、バルコナ(valcona)という名称の由来がわかりませんでした。火山の”volcano”にちなんで名付けられていそうですが、といってアナグラム造語というわけでもなさそうです。バルコナレザーが登場する以前の”valcona”は、”falcon”や”volcano”のタイプミスくらいでしか世の中に現れていない単語です。

あくまで想像に過ぎませんが、このような空白地帯だったことに加え、アウディとしては火山の”volcano”っぽい意味も意識させ且つ語の響きも良いので、この単語は新たな意味を付与するに値するとでも考えたのかもしれません。

座って触って

昨年、アウディフォーラム東京で

RS6と

RS7がお披露目された際、RS7にはバルコナが設定されていたのでまじまじと触って座ってきました。ややマット(matte)な質感通りに指先を捉えてくるタッチ感は、RS7のような一台には本当にぴったりに思えました。

着座した際はただ接触面の摩擦で支えるということではなく、もっと身体の芯の部分で支えられている印象でした。もっともこれはアンコのウレタンやシート形状など、シート全体での効果だとは思います。

バルコナレザーの5年物10年物を見たことがないのでこれも想像に過ぎませんが、そんなにヤワなレザーには思えませんので、アンコ部分も含めてそれなりの耐久性は備わっていそうです。

サンプルの見せ方

些細なことかもしれませんが、アウディファーラムのサンプルが凄く気に入りました。バルコナやアルカンターラの

大きなサンプルです。

シートのように広い面で使われるレザーであればあるほど、サンプルは完成時に近いサイズでないといけません。手のひらサイズにも満たない小さなカラーサンプルで正確な仕上がりイメージを描ける人などそうはいないはずです。

特に、ベージュ系など似たような色味が何種類も存在する場合、大きなサンプルか同仕様の現物を見ておかないと、完成時とイメージとの間に齟齬が生じてしまいます。もちろん、CGイメージでも正確な質感や色味までは再現できません。

ベンツのデジーノレザーは

この手のレザーサンプルとしては標準的なサイズをしています。これくらいのサイズであれば良識的なサイズと言えるでしょう。

BMWのインディビジュアルサンプルはもっと大きく、

シートやインパネへの張り込みを想像しやすいサイズと言えます。

そして、私が見た中で最も大きかったのが、

今回のバルコナレザーでした。

私はバルコナレザーで実際にオーダーをしたことがないので具体的な手順はわかりませんが、この大きなサンプルを実車のシートに合わせたりするのでしょう。手のひらサイズのサンプルを持ってウロウロするよりは、間違いなく正確に完成図を描けるはずです。

インパネ部分へのレザー設定

アウディについて常々もったいないと感じていたのは、インパネ部分へのレザー設定が非常に少ないことです。

上述のRS6とRS7の展示を見に行った際、最初にインパネを見る癖のある私はドアを開けてすぐ「ん?」と感じました。標準モデル同様に合成樹脂のままだったからです。

思わずスタッフの方にうかがったのですが、「そうなんですよー」とのことで、スタッフの方も気になってはいたようです。エクスクルーシブでもフルレザー仕様にはできないのが残念だとおっしゃっていました。

当時は4ドアクーペという言葉が定着しかけた頃で、CLS63AMGとM6グランクーペとRS7スポーツバックは何かと比較される存在でした。

CLS63AMGやM6グランクーペのメディア向け車両や展示車両は当然のようにフルレザー仕様だったので、仮にこの三台を比較した場合、あれだけ面の大きな部分が合成樹脂だと違いがよくわかってしまいます。

もちろんRS7もRS6もインパネ部分は凄く精緻で、それはいちいち顔を近づけたり指先で触れなくても伝わってくる静的質感の高さです。

しかし一方で、やはり手を触れなくても一目で感覚的に訴えてくるレザーの質感にも無視できない魅力があります。

スタッフの方によると、そもそもエクスクルーシブを駆使したとしても、インパネ全体をフルレザーにできるのは

S8も含めたA8系とR8しかないとのことでした。本当に設定が少ないです。同じくスタッフの方によると、インパネへのレザーの張り込みには職人の高度な技術が必要であって、アウディはまだそれを広く供給できる体制にはないとのことでした。このお話をうかがった当初は、高級化路線での歴史の差が出てるのかなとも思ったのですが、おそらくそうではないはずです。VWグループが本気で取り組めば、すぐに実行できるはずです。

この点にについては、VW内の他ブランドとの整合性のためか、あるいはアウディ自体のブランディングとの整合性のためかはわかりませんが、そもそもアウディのインパネでレザーを前提にしたデザインとなっているのはA8系くらいで、レザー張りになっているR8ですらそのようなデザインになっていないことが気になります。やはり、何らかの意図の下に、レザー前提のデザインと距離を置いているのでしょう。

もっとも、レザー前提だから良いというわけでもなく、たとえば6シリーズのようにレザーありきに寄せたデザインだと、ちゃんとしたレザーを選ばないと逆に不格好に見えるというリスクがありますので、これは一長一短でもあります。

さいごに

アウディを考える際にはついベンツやBMWと比較してしまうのですが、アウディも比較されることは想定しているのでしょう。「たぶんベンツはこの部分についてはそこまで考えてないだろうな」というところまで比較されることすら想定しているかのようです。結果、アウディを見ているとベンツやBMWもよく見えてきます。

アウディが注目される背景には、車自体の魅力だけではなく、アウディを通して初めて見えてくる他メーカーの姿という事情もあるのかもしれません。少なくとも、レザーを見ているとそのように感じました。「あれっ、BMWだとこれどうだったかな」というのが必ずあります。たとえ目指すところが細かく違っていたとしても、この三社にはこれからも競い合ってもらいたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

*

最近の投稿