Blog


信号待ち停止中、サイドミラーの奥深くに
BMWの6シリーズのような車を確認。

車素人である私が初めてBMWの6シリーズを見たときは、
非常に危うい均衡の上に成り立っている顔だなと思いました。
でも、何度か見ているうちにあの独特な顔つきに
第一印象とは異なる妙な力強さを感じ始めていたので、
デザインと時間の力学(?)って面白いもんだなー、と。

そんなことを漠然と思い巡らしているところへ
サイドミラーの6が隣を通り過ぎようと近づいてきます。

サイドミラー内で大きくなるその姿に目が釘付けになりました。
そして隣を通り過ぎるさまを見て目が点と言いますか
ぎょぎょっとしました、色がつや消しのマットブラック!

BMWバットマン仕様

というかホイールも含めて全体がまっくろくろすけです。
そもそもエンブレムがBMWじゃなくてなんかバットマンぽい。
何ちゅう存在感…走り去る姿をしばらく眺めてました。

つや消しマットブラック

もちろん帰ってからカタカタ調べました。
これだけ完成度が高いのですからさぞかし
名のあるチューニングメーカーの手が入っているのだろうと。

でもチューナーのエンブレムを調べてはみたものの、
黄色地に黒でこんなのありませんでした。

そこでさらに調べていると、どうも個人で気合い入れて
自分仕様というかオリジナル仕様にされていたようです。
つまり、バットマンぽいエンブレムじゃなくて
バットマンエンブレムそのものでした…!

とてもディーラーでは受け付けて貰えないでしょうから
勝手に想像するに恐らくはどこか信頼の置けるショップと
いろいろ擦り合わせながら仕上げていったのだと思います。

すんごいなあとしか言えませんね。
「こんなこっといっいなーでっきたっらいっいなー♪」
なんてノリだけでオーダーしたら張り倒されそうなほど
出来ることと出来ないことの境界線が私なんかには
想像もできないくらい複雑に絡み合ってるでしょうし。
見事なバットマン仕様でした。


ちなみにバットマンといえば本家バットモービル。
東京コンクールデレガンスで撮影してます。
意味なく全車両撮影していると、
こういうときのレファレンスに使えちゃいます。

さてこのバットモービル、改めてこれを車として
じっくり見てみると、謎が深まるばかりです。

バットモービル

フロントの中心にあるのはいわゆるグリルでしょうか。

天狗鼻

横っ腹にあるのはマフラー?

巨大マフラー?エアダクト?

でもマフラーにしては方向が逆…。
ボンネットによくあるエアダクトでしょうか、う~む。

後ろのこれたしか火を噴いてましたよね。

ファイヤー!

ジェットエンジンの吹き出し口?

わからないことが満ちあふれているバットモービルですが、
このコンプリートを仕上げてしまったら
公道を走れないであろうことだけはなんとなくわかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

*

最近の投稿